マインドフルネスを受けられた方の感想と効果

マインドフルネスを受けられた方の感想と効果

自己嫌悪や妬みも○○に変化しました‼︎

 

「私の荷物じゃない」とわかり、心が軽くなりました!!

「何で私が?!」と苦しかったことさえ忘れてしまいました!!

 

「愚痴や怒りが減り、心と体を労れるようになった!」
30代Aさん

  
「スキップしそうな勢いで帰宅したことを覚えています」
30代Tさん

 
「ウソみたい!! 症状もほとんどなく、安心しています。」
30代Sさん

 

「自分が変われば子どもも変わる!実感しています♪」
30代 Kさん

 
「無事に1年過ごせたのは「マインドフルネス」だと思っています。」30代 女性

 

「あれほど辛かったPMSの症状が改善しました!」
30代Yさん

 


・何か嫌なことがあると、それに加えてありもしない被害を頭の中で妄想して余計に傷ついていたことに気づき、事実と妄想を切り離して考えるようになりました。また、ストレスを感じた時、呼吸が浅く身体がこわばっていることにも気づけたので、意識して深呼吸をし、気持ちを切り替えられるようになってきました。(Hさん 40代 女性)

 

 

・普段の自分がいかに「うわの空」で生活し、人や自分をジャッジし続けていたかに気づきました。 くよくよと思い悩むことをストップさせる効果ももちろんありますが、家事などを丁寧に行うことで暮らしそのものの質が上がりそうです。マインドフルネスは「今を生きる子ども」と向き合う時のガイドのような感じです。子どものことを、前よりも何倍もかわいいと思うようになりました。あんなに子どもが欲しかったのに、子どもができればまたそこから目をそらしたくなる自分が本当に嫌だったので、その理由に納得してクリアできたのがとても嬉しかったです。(Nさん 40代 看護士)

 

・気づかないうちに、いろいろと自分を否定する言葉や考えが浮かんでいたと気づきました。今考えていること、感じていることに気がつくようになると、そんな考えや感情が頭に浮かんでも構わないんだ、と思えるようになってきました。これからは子どもにだけでなく、夫や同僚、上司に対しても、いろんな感情が芽生えた時、自分を責めないでいられそうです。(Tさん 40代 女性)

 

 

・がんじがらめになって動けなくなっていた自分をはっきりと自覚することができました。そして、いかに「〜すべき」に囚われていたかも記録する事でよくわかりました。また、その考えが私自身ではないことを知り、ビックリしましたが、それでよく生き抜いて来たなぁと、自分を労いたいです。今、自分の見た目や身体をいたわるようになりました。物に対しても「手入れ」するようになり、以前より「工夫」するようになった気がします。また、子どもに嫉妬することがなくなり、成長や、楽しむ姿を嬉しく感じる事ができるようになりました。(Yさん 30代 女性)

 

 

・最近、少しずつ身体に変化が現れてきたなぁと自覚しています。瞑想会に参加して、2回だけ出来ない日があったんですが、後は毎日やれています。若い頃に好きで毎日続けていたスポーツ以来、好きで続けられているものとなっています(^^) 私は坐骨神経が痛いときもあるのですが、マインドフルネスでその痛みが解消されます。また次の日、痛いなぁと思ってもマインドフルネスで痛みが消える。なので、もし痛くてもマインドフルネスをすると痛みが緩和されるのでとても助かっています(Tさん 30代 女性)

 

・何にも考えていないつもりでも、いろいろ浮かんでくるものなんだなと思いました。ワークでは体が硬く、縮こまって小さくなっていることがよくわかりましたし、身体が軽くなりました。(Iさん 30代 女性)

 

 

・身体のある部分に痛みがあったのですが、前よりラクになり、動く時に以前より気にならなくなっていました。(Kさん 50代 女性)

 

 

■講師プロフィール■

マインドフルネスセラピスト 中栖 久美子

NPO法人人間性探求研究所 マインドフルネス道認定講師
子育て心理アドバイザー
アサーティブネストレーナー
ジャズダンスインストラクター
ヨガセラピスト

13歳から東京音楽学院で歌とダンスを学び、スクールメイツとして10年間テレビ番組やアイドルのバックダンサーを務める。
また万博や大手企業イベント・パーティーで12年、ダンサー・シンガーとしてミュージカル等に出演。グループ内では6年間リーダー、歌姫として活躍。その間ジャズダンスインストラクターとして延べ1万人を指導する。
体力・気力の激しい消耗に限界を感じ29歳で結婚・出産するも17年前に夫と死別。そのショックからうつとパニック障害を発症。一日に18時間~22時間眠り続け、歩行困難な状態が半年以上続く。
そんな中、認知行動療法、インナーチャイルドセラピーなど心理療法を受けることで、病気の原因が機能不全家庭での生育歴にあったことに気づく。自らも同様の心理療法を学びマインドフルネスを実践する事でどん底からみるみる回復し、体力・気力・生きる力を取り戻していくことに驚く。
この経験を同じような境遇で生き辛さで身動きできない人を助けたいと2012年、NPO法人ピースオブマインドを設立。心理カウンセラーとして育児に悩むママ、生き辛さを感じる女性や子どもたちの自分らしい生き方支援を始める。
「自分を苦しめているものに気づき、手放す」という人生の質を向上させる方法を広めることが、子どもたちが安心・安全に暮らせる社会への貢献に繋がる事を信念に今後も講座や「本当に変わる!!マインドフルネスセラピー」などを拡大予定。
趣味は映画鑑賞、雑貨やさんめぐり。かわいいものと美味しいものが好き。大阪市在住。

 

 

 

固定観念や思い込みに気づく近道
自分を変えたいママのための
『本当に変わる! ! マインドフルネスセラピー』

 

願いを引き寄せ可能性の華が咲く
▶『マインドフルネス瞑想プログラムのご案内』

 

お問い合わせ

携帯090-8208-2487